スタッフブログ

徳島でマンション購入を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

総務企画課の佐藤愛です。

本日は徳島でのマンション購入について個人的な見解をお話させて頂きます。

家づくりのお話をさせて頂く中で、

「マンション購入」「中古物件購入」「新築」の3パターンで悩まれているという方がいらっしゃいます。

私がもちろん、新築をお勧めしております。

新築を勧める理由をまずは「マンション購入」と比較してお話します。

徳島県でのマンション購入を一番に勧めない理由としては

「地震による被害」です。

地震が発生し、マンションを修復しなくてはいけない状況になったり

建替えなくてはいけない場合、マンションの住人の方から修繕費用を集めて行います。

しかし、このような状況で修繕費を出せる方は少なく、マンション側の貯蓄も少ないと

マンションの修繕費が集まらず、修繕や建て替えが行えません。

住めない状態まで被害が大きいと撤去せざるを得ません。

また、徳島県の半分ほどは地震による津波被害が予想されます。

津波が来るともちろんお家が流されますよね。

中古や新築で土地から購入した場合、土地自体は流されないため土地だけは残すことができます。

土地だけでもあれば小さな家を建て直しができますが、土地を購入していないマンションの場合は修繕費が集まるまではホテルや仮設住宅へ住むことになります。

津波被害を考えるとマンション購入は土地の有無で大きく左右されます。

次回は徳島県で中古物件を購入するお話をさせて頂きます。

About
Works
Company
Whats new