お知らせ

省令準耐火って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

総務企画課の佐藤愛です。

本日は、火災保険が安くなるお家の基準についてお話します。

皆さんは「省令準耐火」って聞いたことはありますか。

省令準耐火とは防火性能を持つ構造のこと言います。

この防火性能を持つという事は

1、隣家などからの火を貰わないこと。

2、火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない。

3、万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる。

など、上記のような特徴があるお家のことを言います。

文字通り、火を貰わず周りにも伝わらせないお家になるため

火災保険を利用する可能性が低くなるので、支払う保険料が安くなります。

お家を建てる際に少し費用は掛かりますが、省令準耐火仕様にしておくと

火災保険料が安くなるため、お家に住み始めてからのランニングコストを抑えられることができます。

また、日本の法律では隣家からの火で火災の被害にあったとしても、隣家の人からの賠償請求はできないことになっています。

逆もしかりで、こちらからお隣さんへ火が伝わってしまったとしても保証する必要はありません。

しかし、長いお付き合いをするべきお隣さん。

貰わない、伝わらないお家を建てて心配を少しでもなくしておきたいと思いませんか。

About
Works
Company
Whats new