お知らせ

長期優良住宅とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、「長い間快適に暮らせる」ことを目的とし、長期優良住宅認定制度の基準をクリアした家をいいます。平成21年度にスタートした「長期優良住宅認定制度」。国土交通省のお墨付きもあって、基準が厳しいのがポイントです。どのような基準があるのか見ていきましょう。

耐震性

大きな地震に見舞われても、基本的に損傷が少ないことが条件です。近年、日本では大災害が立て続けに起こっています。その度に家が壊れていては、修理も追いつきません。長期優良住宅は、建築基準法で定められている1.25倍の揺れが襲っても、壊れることのない高い水準の家です。

耐久機能

長期優良住宅は、建物の基礎や骨組みがしっかりと作られた家です。基準はマンションや一戸建て、コンクリートか木造によって若干異なります。普通に住んだ状態で、建物に100年以上住み続けられる設計がなされています。

維持管理

家に長く住んでいると、「家族が増えた」「子どもが独立した」などさまざまな変化が起こります。長期優良住宅は、建物に影響を与えることなくリフォームがしやすい設計です。たとえば、マンションであれば将来を変えることになってもスムーズにいくよう、配管配線の変更に必要なスペースをあらかじめ作ってあります。

住戸面積

長期優良住宅は、人が暮らしていくのに十分なスペースのある家です。一戸建ては75㎡以上、少なくとも1つのフロア面積を40㎡以上にするよう、定められています。

省エネルギー性

近年、環境破壊や地球温暖化などが騒がれています。長期優良住宅は、地球にやさしく、環境にもやさしい家を目指しています。主なポイントは効果的な断熱性を備えている点です。

住居環境

いくら家が素敵でも、周辺環境がよくなければ意味がありません。長期優良住宅は、地域における住居環境や向上に配慮された場所を選んでいます。

維持保全

家の劣化を防ぐためには、メンテナンスが必要です。長期優良住宅は、これらの対策・計画がある程度決められています。

住宅ローンの金利が10年間引き下げられる

住宅ローンの「フラット35」ですが、優良な住宅にさらに低い金利で貸し出す「フラット35S」があります。長期優良住宅であれは、「フラット35S」が適用され、10年間で金利が年0.25%引き下げられるプランが適用されます。

長期優良住宅のメリット

とても住みやすそうな長期優良住宅。メリットは家の丈夫さだけではありません。ここではその他のメリットについても見ていきましょう。

所得税の住宅ローン控除

住宅ローンを借りている場合、年末の時点でのローン残高の1%が10年間控除されます。10年間の控除額は、一般住宅だと最大400万円ですが、長期優良住宅だと500万円と大幅な控除が受けられます。

不動産取得税の控除

不動産取得税とは、土地や家の購入、建築をした時にかかる税金です。不動産を相続や贈与で無償取得してもかかってきます。一般住宅では1,200万円の控除ですが、長期優良住宅では1,300万円もの控除を受けられます。

登録免許税

一般住宅の場合は、価格に対して0.15%の登録免許税を支払わなければなりません。しかし長期優良住宅であれば、0.1%の優遇措置があります。

固定資産税

固定資産税は住居の広さによって3年~5年程度減免される措置があります。長期優良住宅の場合、7年間も減免が受けられます。

長期優良住宅には補助金が出る

国土交通省が「平成31年長期優良住宅化リフォーム推進事業」と銘打ち、全面修繕などの大幅リフォームで最大300万円の補助を行っています。補助を受けるためにはインスペクション(住宅診断)を行うとともに、維持計画書やリフォーム履歴の提出が必要です。

長期優良住宅の認定申請方法は?費用はかかる?

長期優良住宅の認定を受けるには、行政機関の審査を受ける必要があります。技術的審査といわれる事前調査を登録住宅性機能評価機関で受け、適合書を受ける流れです。適合証をもらったら、行政に提出しましょう。審査通過後に「認定通知書」をもらえば、長期優良住宅として登録されます。地域よって異なりますが、おおよそ5~6万円程度の費用がかかりますが、節税面を考えればメリットのほうが大きいでしょう。

長期優良住宅のメリットを理解し節税しよう

長期優良住宅の認定を受けると、税金面や補助金などたくさんのメリットがあります。住宅を長期にわたって使用するため、リフォームが必要となるものの、その分長く住めるのは魅力的です。世代を超えて大切に住めるよう、家族で家の資産価値を高める努力が必要です。

About
Works
Company
Whats new