スタッフブログ

住み始めて1年目のメンテナンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

総務企画課の土橋愛です。

本日は久しぶりに弊社の施工についてのこだわりについてお話させて頂きます。

住み始めて1年程でよく、壁紙の出隅や入隅部分に壁紙のコーキングが切れるといった症状がたまに見受けられます。

木は時間と共に伸縮する特性があります。

そのため、弊社では着工から建ち終わるまで時間をかけながら木の伸縮が落ち着くように施工を行っています。

壁紙施工までに極端に日数が少ないと木材の伸縮が落ち着く前に施工してしまう可能性があり、

壁の出隅や入隅部分のコーキング割れが早く起きてしまいます。

弊社ではこの事の以外にも

コーナー部分に専用のテープを貼り付け、木材の動きを抑える工夫や

伸縮性のある壁紙素材を使い、壁紙が木の動きに耐えられるようにするなど目には見えないコストを抑える方法を採用しております。

住んでからコストがかからないお家を完成させるためにしっかりと家づくりのプロと相談して家づくりをスタートさせてください!

About
Works
Company
Whats new